08/29/18

『Fear the Wolves』ライブストリーミングでゲームの独自性を紹介

Vostok GamesのS.T.A.L.K.E.R.製作陣が手がけたFPSバトル・ロワイヤル型ゲームの『Fear the Wolves』のアーリーアクセス版が昨日から公開されています。記念として、販売元のFocus Home InteractiveがQ&Aとゲームをプレイするライブストリーミングを、様々なストリーミングプラットフォームで実施しています。昨日のセッションでは、ゲームとコミュニティを知っていただくのに効果的でした。ご質問もたくさんいただき、性能やサーバーの状況、現在あるSteamのレビューなど、多くのものに回答いたしました。
 
またVostok GamesとFocus Home Interactiveは、初のコミュニティアップデートを昨日公開しています。プレイヤーから初期に報告のあった問題の調査と、ゲームの今後のプラン再検討に関するものです。ロードマップの完全版は、Steamのメインページからご参照いただけます。アーリーアクセス版のリリースに関する投稿で、主要な2つのパッチの公開時期、パッチの内容、主な言語の更新情報といった詳細を前もってご確認いただけます。
 
昨日のストリーミングのアーカイブはYouTubeでご視聴いただけます。他のセッションの公開は、本日午後から予定しています17時 CEST(中央ヨーロッパ夏時間)、18時 MSK (モスクワ時間)、16時 BST(英国夏時間)、11時 EDT(米国東部標準時(夏時間))、8時 EDT米国東部標準時(夏時間))FocusとVostokはあらゆる媒体を通して、プレイヤーの心配事にじっくり耳を傾け、フィードバックを積極的に受け取ります。実際に、最初に懸念されていた銃の種類や弾薬の入手確率、オオカミの強さ、通常のダメージ数といった、ゲームバランスとシステムはすでに織り込み済みです。
 
2019年の完全版を前に、本日はコミュニティの皆様とアーリーアクセス版をプレイできることを楽しみにしています。