説明

『Fear the Wolves』は、Vostok Games社が提供する激しいバトルロワイヤルFPSです。『STALKER』のDNAを継承し、100人のプレイヤーが過酷な戦闘を繰り広げます。プレイヤーは、軍人と野生の狼が蠢く放射能汚染地域のチェルノブイリに送り込まれ、25平方キロメートル内の戦場で最後に生き残る一人となるために戦います。そして近日発表予定の特別モードにより、ゲームにさらなる興奮が加わります。

ゲームの雰囲気

Vostok Games社の開発者の多くは、カルトクラシックのゲーム『STALKER』の開発に携わっており、放射能汚染廃墟の雰囲気を存分に取り込みました。そのノウハウは『Fear the Wolves』でも存分に発揮され、終末の世界、ミステリアス、危険といった雰囲気が作り出されています。生死をかけた闘いの舞台として最適な場所であるチェルノブイリで、廃墟の建物や古びたアサルトライフルなど沢山のユニークな要素が楽しめます。

戦闘環境

『Fear the Wolves』では、バトルロワイヤルのスタイルにユニークなPvE要素を加えています。戦場では、他のプレイヤーと同じくらい危険で残酷なミュータントが徘徊しています。狼の群れは武装していても危険であり、撃っても避けられ貴重な銃弾がどんどんなくなっていきます。あらゆる一対一の戦闘が、

ミュータントが加わること更に激しい闘いに発展する可能性があります。そして、これは放射能汚染地域のチェルノブイリにおいて悪夢の始まりにしか過ぎないのです…

予想不可能な放射能エリア

様々なエリアでランダムに発生する放射能により、プレイヤーは強制的にお互いに近づいてしまうことになります。状況は時間と共に厳しくなっていきますが、賢いプレイと発見した装備によって対応することが可能です。

武装が充分でないプレイヤーは、放射能による腐敗が始まったと同時にエリアを去るのがいいでしょう。ガスマスクや放射能に対する装備を持っているプレイヤーは、エリアにある程度の時間滞在でき、ガイガー・カウンターを気にすることなくアイテムを集めたり、敵を出し抜くことができます。

放射能エリアには様々な危険があります。災害の時間中に未知の力によって作り出される現象は、自然の地雷であるかのように動作します。事態はどんどん悪化していくばかりですアドレナリン全開の状態で全力で闘い抜きましょう。死と隣り合わせの状態の中、耐放射能装備だけが生き残る手段です。

公正なシューティング

『Fear the Wolves』では、シューティングが限りなく公正になるように設計されています。どのように実現したのでしょうか?射撃においてランダムな機能は存在しません。つまり、弾は毎回狙った場所に飛んでいくということです。射撃の反動も考慮する必要がありますが、武器に慣れているプレイヤーであれば、正確にコントロールできることでしょう。これは正確なヒットボックス、スマートなガンデザイン、高性能のサーバーにより構成されます。

射撃に自信があるプレイヤーは、敵を積極的に狙いましょう。『Fear the Wolves』では、射撃がうまいプレイヤーほど、戦闘で生き残れるようになっています。